PechaKucha Presentation

Presenter bw unnamed

Seiya Kato

Architect, Design dept., NIKKEN SEKKEI LTD. in Tokyo

日常の軌跡ーTrajectory of Day-to-Day Activities

PRESENTED ON APR 22, 2015
IN TOKYO @ VOL 124

加藤聖也さんは設計事務所勤務の社会人1年生。建築学科の学生時代から取り組んできた、岩手県田野畑村の震災復興プロジェクトを紹介します。生活という「日常」に着目した数々のプロジェクトには、ユニークかつ私たちに気づきを与えてくれるアイデアが満載です。

APPLAUD THIS!
Thumb about 20archiaid 20 subs  20luis.018

About ArchiAid

BY SAYAKA MIZUNO AND KEISUKE INUZUKA (ARCHIAID)
@ PECHAKUCHA X ARCHIAID ON NOV 23, 2012

A presentation that explains what ArchiAid is all about, and the reconstruction efforts it has been doing in the Tohoku region. (in Japanese with English subtitles)

Donating to ArchiAid
   

 

This presentation was part of a special "PechaKucha x ArchiAid" event, and you can still offer support by donating through the button above -- money raised goes to the "Core House" project.

東日本大震災における建築家による復興支援ネットワーク「アーキエイド」について水野清香さんと犬塚恵介さんが詳細を教えてくださっています。

PechaKucha x ArchiAidの特別なPechaKucha Nightイベントからのプレゼンテーションになります。東北地方支援プロジェクトの「コアハウス」への資金を募集しております。ぜひご協力していただける方は上のボタンを押すと募金につながります。ぜひよろしくお願いいたします。

Thumb miyato jima.019

Miyato-Jima Reconstruction Project

BY NAOTO NOGUCHI (SANAA)
@ PECHAKUCHA X ARCHIAID ON NOV 23, 2012

A reconstruction project on the island of Miyato with the goal of maintaining the traditional lifestyle of the locals, and to preserve the sights and island nature. (in Japanese with English subtitles)

Donating to ArchiAid
   

This presentation was part of a special "PechaKucha x ArchiAid" event, and you can still offer support by donating through the button above -- money raised goes to the "Core House" project.

豊かな自然と景色、特別な生活文化を持っている宮城県宮戸島の復興計画を島民の方々と一緒に行う、「宮戸島復興まちづくり計画」ぜひご覧ください。

PechaKucha x ArchiAidの特別なPechaKucha Nightイベントからのプレゼンテーションになります。東北地方支援プロジェクトの「コアハウス」への資金を募集しております。ぜひご協力していただける方は上のボタンを押すと募金につながります。ぜひよろしくお願いいたします。

Thumb makototanijiri.008

建築的思考のススメ

BY MAKOTO TANIJIRI
@ VOL 118 ON OCT 29, 2014

建築家の谷尻誠さんが、 日常や当たり前に捉えていたことの見え方ががらりと変わる、 クリエイティブで建築的な思考を、 自身のプロジェクトと共に紹介します。

Thumb yoko 20takaike.009

Living with Horses at Nambu-Magari-Ie

BY YOKO TAKAIKE
@ VOL 127 ON JUL 29, 2015

建築家の高池葉子さんは伊東豊雄建築設計事務所勤務時に、 震災復興支援施設「みんなの家」プロジェクトに奔走されました。当時のプロジェクトを進める過程で目覚めた建築と地域のあり方について実現すべく、独立後の現在は、岩手県釜石市でその地域独特の建築「南部曲がり家」の再生を通じて、馬と人との共生文化の復活に力を注いでいます。馬と住む曲がり家が、地域活性化の拠点として果たす新しい可能性について語ります。東日本大震災から4年を経た今、意義ある必見のプレゼンテーションです。

Thumb  e5 ae b6 e5 ae 8f 20 e8 91 89 20  2013

古物收藏生活

BY PIPI YEH
@ VOL 4 ON JUN 27, 2015

葉家宏平日喜愛撿撿一些已被視為垃圾的古傢俱或生活物品,

來聽聽他如何將興趣轉變為工作,

並在當中遊樂。

Thumb mot2015.004

ブラジルの民衆に自由な空間をプレゼントした建築家 リナ・ボ・バルディ

BY ETSUKO WATARI
@ BRAZILIAN LIFESTYLE POWERED BY PECHAKUCHA ON SEP 16, 2015

ブラジル人建築家リナ・ボ・バルディ(Lina Bo Bardi)の作品や生涯、日本との縁を、ワタリウム美術館館長の和多利恵津子さんが魅力いっぱいに紹介します。

Thumb masaaki 20takahashi.014

笑点建築 Shoten Architecture

BY MASAAKI TAKAHASHI
@ VOL 130 ON NOV 25, 2015

建築家の高橋将章さんは、建築を通じた問題解決のヒントは大喜利に似てると考えます。 ご自身の建築作品の紹介を交えながら、「笑点建築」をプレゼンテーションしてくださいます。

Thumb 12 ames

My New Everyday Life

BY NORA AMES
@ PECHAKUCHA NIGHT AT THE CHICAGO ARCHITECTURE BIENNIAL ON OCT 30, 2015

“Obviously, living in a wheelchair is a challenge but is a normal life for many. Wheelchair living requires constant mapping out of acceptable routes and services –like bathrooms– and destinations –like restaurants.”

In My New Everyday Life Speaker Nora Ames reprises her standing ovation presentation from the Chicago Architecture Biennial at PechaKucha Chicago’s 36th Volume.  

Nora used to enjoy runs by Lake Michigan, running by herself or with coworkers and friends. 13 months ago she had a medical condition taking her out of the workplace and changing her perspective forever. In this presentation the effect of design on accessibility is discussed.

This was "PechaKucha of the Day" on Monday, February 15th, 2016. 

Thumb kumamoto 20hfa 20pk 20  20dec 202017 20  20master 20 20171202 .091

Power of Students for the Reconstruction of Aso

BY RYOSUKE IDE
@ PECHAKUCHA KUMAMOTO HOME-FOR-ALL PHOTO EXHIBITION OPENING EVENT ON DEC 02, 2017

井出良輔さんは、東海大学の2年生。自身も地震を経験し、南阿蘇村で学生たちが主体的に行っている復興活動について話していただきました。