WATCH

Profile_kinoseido_profile

Seido Kino

Photographer in Tokyo Japan

京都大学工学部物理工学科卒。大学院を中退し、フォトグラファーの道へ。日本の抱える課題に取り組む人々を捉えることで明らかになる「日本らしさ」が主なテーマです。ドキュメンタリー写真は、デジタルとアナログそれぞれ両極端の技術が時代に求められていると感じ、作家活動として後者に力を注いでいます。モットーは「Emotive & Creative」。

Thumb_kinoseido_11_20_1_

Reconsidering the Value of Things

BY SEIDO KINO
@ VOL 150 ON SEP 27, 2017

ここ数年ドキュメンタリー写真のジャンルは、これまでと異なる表現手法を取り入れることで注目を集めるようになってきました。写真家の紀成道さんが撮影取材した「森に囲まれた病院」も、従来の暗く重いイメージを覆すべくまとめ、そそいて写真の「物としての価値」を問いかけます。

In recent years, the genre of documentary photography has been notable in surfacing new expressions of representation. By questioning the “value of things”, Kino Seido’s photographic account of "The Hospital amongst the Forest" is one such example, where the photographs strive to overturn the traditional somber image of documentary.

Thumb_brianscottpeterson_20170726_0095_2y0a9937

PAST VOL 150

Tokyo @ SuperDeluxe
Sep 27, 2017