WATCH

Profile_yoshiizumi

Satoshi Yoshiizumi

Designer and Representative of TAKT PROJECT, TAKT PROJECT in Tokyo Japan

DESIGN THINK+DO TANKを掲げ、デザインを通して「別の可能性を作る」さまざまなプロジェクトを展開。クライアントワークと平行し、実験的な自主研究プロジェクトを行っている。その成果をミラノサローネ、メゾン・エ・オブジェ・パリ、Design Miami/など国内外の美術館やデザインインベントで発表・招聘展示。Design Miami/ Swarovski Designers of the Future Award 2017受賞。
www.instagram.com/taktproject

Thumb_satoshi_20yoshiizumi.017

3-PRING PRODUCT (サンプリングプロダクト)

BY SATOSHI YOSHIIZUMI
@ VOL 116 ON JUL 30, 2014

デザイン会社TAKT PROJECT吉泉聡さんは、既製品に3Dプリンターで制作したオリジナル部品を組み合わせることで、異なる使い方を追求する、新しいDIYを提案しました。音楽の「サンプリング」技法のように、既製品を引用に3Dプリンターで作ったパーツを組み合わせ、オリジナル製品をつくりだしています。「使う人」と「つくる人」の両極ではなく、その二つの間をつなぐ0と1の間を紹介します。

 

Thumb_yoshiizumi_09

Make the Way of Making

BY SATOSHI YOSHIIZUMI
@ DESIGNART 2017 OPENING EVENT PECHAKUCHA NIGHT TOKYO SPECIAL! OCTOBER 16 (MONDAY) AT OMOTESANDO HILLS! ON OCT 16, 2017

Designer and artist Satoshi Yoshiizumi takes a deeper look than most into the purity of common objects, this time focusing his unique perspective on the electrical appliance. He treats the electronic components of appliances themselves as his works' materials, imaginatively combining and reconfiguring them in resin without loss of conductivity, retaining their ability to operate as appliances. A purity and beauty seems to rise up out of this seeming distillation of objects and materials, begging the question: at what point do materials stop being materials and start becoming products?

TAKT PROJECTの吉泉聡さんは、ものづくりに対して信念を持って取り組まれています。つくり方とは、たった一つの作品ではなく、新しい価値観と視点を提案・展開させる事が出来る手法だと。既存の枠組みを問い直し、つくり方からつくるデザインについてプレゼンテーションしてくださいます。ミラノサローネなど、国際的なクリエイティブ市場でも注目を集めたTAKT PROJECTの世界について語ります!

Thumb__dsc9658

PAST VOL 116

Tokyo @ SuperDeluxe
Jul 30, 2014