WATCH

Profile_01_e8_b5_a4_e6_9d_be_e6_ad_a3_e8_a1_8c

Masayuki Akamatsu

Media Artist / Professor, IAMAS in Ogaki Japan

1961年、兵庫県生まれ。メディア作家。神戸大学文学部哲学科心理学専攻卒業。神戸市役所ソーシャルワーカーを経て、1997年、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)助教授に就任。2002年より教授。2006年、京都市立芸術大学大学院美術研究科にて博士(美術)を取得。2011年より情報科学芸術大学院大学メディア表現研究科教授。クリティカル・サイクリング主宰。

10代よりエレクトロニクスを用いた音楽制作を始め、1980年代からコンピュータを使用、音楽だけでなく映像やネットワークなど様々なメディアへと制作範囲を広げる。特に、作品と鑑賞者の関係性や、作品自体の自律性に注目し、人とメディアの可能性を拡張することに興味を持っている。

これまでの作品には、50台のコンピュータによって音と映像を提示する「incubator」、鑑賞者の時間体験をリアルタイムに映像化する「Time Machine!」、パフォーマーの身体をコンピュータ制御する「Flesh Protocol」、画像解析を駆使した映像音響による即興ダンス「陶製の身体」などがある。ソロやセッションによる演奏活動、および「Maxの教科書」や「iOSの教科書」などの著作もある。

近年はモバイル・デバイスにおける表現研究や、人と社会への影響の考察に取り組んでいる。「Banner」や「Decision Free」など開発したiOS用ネイティブ・アプリケーションは30個を超え、App Storeで公開している他、数十台のiPhoneによる展示・パフォーマンス「Snowflakes」、「Okeanos Buoys」や、ARを応用した「セカイカメラ」、「ウロボロスのトーチ」、そしてウェアラブル・デバイス「雰囲気メガネ」などへと展開している。

Thumb__e8_b5_a4_e6_9d_be_e6_ad_a3_e8_a1_8c_19

Critical Cycling

BY MASAYUKI AKAMATSU
@ YORO ART NIGHT POWERED BY PECHAKUCHA ON NOV 18, 2017

IAMAS教授でメデイアアーティストの赤松正行さんが誘う、サイクリングの歴史と未来の可能性。技術革新と社会発展について深く考える機会となる、貴重なプレゼンテーションです。

Thumb_22549758_1364751260300218_224348345788182683_n

PAST Yoro Art Night Powered by PechaKucha

Powered by PechaKucha @ Yoro Park
Nov 18, 2017