Thumb_mark_20dytham.001

Bob's Sleigh

BY MARK DYTHAM
@ VOL 142 ON DEC 14, 2016

"Bobsleighs can get up to speeds of 160 kilometers per hour, and going around one of the tight curves, can get up to 5G's just like in a fighter jet!"

PechaKucha co-founder and half of the dynamic duo that makes up Klein Dytham architecture, Mark Dytham delivers his annual holiday season presentation in 20x20 fashion. Past years' topics have included "Snowflake-ology", Un-average Sleighs, Ski-Jumps of the World, "Yuletide Shrubbery" (read: Christmas Trees) and more. This year at PechaKucha Night Tokyo Vol. 142, he takes on "Bob's Sleigh" and the fascinating and little known world of bobsledding, elucidating on the sport's rich history, the technical intricacies of track and sleigh, and some of the sport's best stories. Question Mark: Who's Bob? (Hint: Watch and find out!)

This was "PechaKucha of the Day" on Friday, December 16th, 2016.

Thumb_issei_20suma.015

What Would I Do?

BY ISSEI SUMA
@ VOL 142 ON DEC 14, 2016

建築家の須磨一清さんはコロンビア大学建築修士科を卒業後、 2010年にご自身の設計事務所SUMAを設立されました。 建築ユニットBUSとして地域再生に携わり、 2016年にはヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展に出展し審査員特別賞を受賞されました。お母様の終の住処として2015年に設計した「JIKKA」は多くの国際メディアに取り上げられ、今ますます世界の注目を浴びています。プレゼンテーションでは「JIKKA」が完成するまでの、そして須磨さんの建築家としてのこれまでの壮大な10年の歩みを披露されています!

Thumb_daisuke_20sugawara_20masamichi_20shimada.008

Blooming Brilliantly and Flutteringly in the Night

BY DAISUKE SUGAWARA
@ VOL 142 ON DEC 14, 2016

建築家の菅原大輔さんとライティングアーティストの島田正道さん。 PechaKucha Nightで出会ったお二人が、 冬の夜長と気温そして自然の雄大さに着目し、 モノ・コト・ヒトが漫然一体となった新しい牧場体験ついて、たっぷり紹介してくださいます! 幻想的な光のインスタレーションの制作工程に思わず唸ってしまいます!

Thumb_charles_20spreckley.009

People Make Places

BY CHARLES SPRECKLEY
@ VOL 142 ON DEC 14, 2016

Writer and entrepreneur Charlie Spreckley shares stories about the humble geniuses who make Tokyo endlessly explorable: the chef and his restaurant, the designer and her boutique, the barista and his coffee shop, or the art dealer and her gallery. His self-published book about these inspiring characters, 'People Make Places', came out this year.

Thumb_bettina_20hoffman.014

Proximity and Distance - Human Bodies in Movement and Stillness

BY BETTINA HOFFMANN
@ VOL 142 ON DEC 14, 2016

Visual artist Bettina Hoffmann works at the intersection of photography, film, sculpture, contemporary dance and theatre to examine and challenge the underlying mechanisms of social relations, conflicts and communication.

Thumb_alessio_20de_20vecchi.017

Full Ashtrays & Bananas

BY ALESSIO DE VECCHI
@ VOL 142 ON DEC 14, 2016

CG artist and director Alessio De Vecchi explores the late night creation process of personal content during the downtime between commissioned projects. His work explores the intersection of physicality and the ethereal using textures, the human form, and puffs of otherworldly smoke throughout. 

Thumb_tamiko_20onagi.004

Puppets in Wonderland

BY TAMIKO ONAGI
@ VOL 142 ON DEC 14, 2016

誰もが親しんだことがある 人形劇の世界。 それは決して子供達だけのものではなく、大人こそその素晴らしい芸術に魅了されてしまいます。 おなぎたみこさんは人形劇団プークに入団以来、40年以上に渡り人形劇を制作し世界的に活躍されてきました。 国際人形劇連盟UNIMAの副会長や評議員など、人形劇界の重要ポストを歴任されてきたおなぎさん。世界中の様々な華麗な人形劇の魅力を披露してくださっています!

Thumb_ryoji_20takahashi.019

Make & Find & Make

BY RYOJI TAKAHASHI
@ VOL 142 ON DEC 14, 2016

プロダクトデザイナー・コピーライターとして活躍する高橋良爾さん。 早稲田大学で建築設計を学び、写真やデザインにも熱心に取り組んでいた2011年、エンジニアの田中章愛氏とデザインプロジェクト「VITRO」を結成しました。 照明装置や万歩計、電子基板などを次々に発表し、グッドデザイン賞を始め多くのアワードで高い評価を受けています。 建築というマクロな分野をバックグラウンドにする高橋さんが、なぜ電子基板というミクロな世界に足を踏み入れたのか? 産み出した新しい電子基板「8pino」とともに、ご自身がデザインした様々なプロダクトも必見です。

Thumb_rui_20izumiyama.017

Fun and Unique Outside Space

BY RUI IZUMIYAMA
@ VOL 142 ON DEC 14, 2016

パブリックスペース特化型webマガジン『ソトノバ』は、 国内外のユニークなアイデアや事例、イベントレポートや書籍紹介など、編集長の泉山塁威さんを中心に日々情報発信を行っているウェブメディアです。 日本のパブリックスペースやソトを楽しくするために、専門家に役立ち、プレーヤーにソト使いのヒントを届けたいという思いを、“ソトを居場所に、イイバショに!”をキャッチに、様々な斬新なアイデアを発信してくださいます!

Thumb_morgan_20robinson.001

Imagining the Unthinkable, Creating the Unimaginable

BY MORGAN ROBINSON
@ VOL 142 ON DEC 14, 2016

Sculptor Morgan Robinson goes into depth about his source of inspiration, studio practice, and the outlet for his work. He finds the process/challenge of making his art more important than the actual pieces he realizes through the contemporary, non-figurative expressions that he creates using wood and metal.

Thumb_takashi_20kato.017

Origin of Towns and People

BY TAKASHI KATO
@ VOL 141 ON NOV 24, 2016

加藤孝司さんは、 生まれ育った浅草にものごとに対する感性やデザインの感覚を養われ、 現在はデザインジャーナリストとして建築・デザインの分野を横断的に探求し、多数のクリエイティブメディアで執筆活動をされています。今晩のPechaKucha Nightでは、街と人との関係性から生まれるものごとについてお話してくださいます。

Thumb_takeo_20nakano.023

What Data Visualization Tells You

BY TAKEO NAKANO
@ VOL 141 ON NOV 24, 2016

グラフィックデザイナーの中野豪雄さんは情報の構造化と文脈の可視化を主題に、 広告からブックデザイン、 展覧会の空間デザインなど、さまざまな領域でグラフィックデザインの可能性をロジカルなアプローチで探られています。 今回のPechaKucha Nightでは、震災から4年間で報じられたニュース記事のアーカイブデータを用いて制作した実験的な作品をベースに、データヴィジュアライゼーションが語るものとそれによって広がる想像力についてお話ししてくださいます。

VIEW MORE